大丸松坂屋、1千人削減へ 消費増税備え希望退職・転籍

Jフロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は8日、今年度中に従業員を1千人弱減らす方針を明らかにした。約200人の希望退職のほか、約770人を 出向中のJフロントのグループ企業に転籍させる。業績は好調だが、来春の消費増税による売り上げ減に備え、人件費の削減に踏み切る。
大丸松坂屋の従業員は約7600人(出向中の約4300人も含む)いる。希望退職は3月から割り増し退職金付きで募集している。割り増し退職金と、転籍で給与が減る社員への一時金で、計46億円の特別損失を計上する予定。人件費の削減額は38億円になる見通しだ。

 

なかなか景気のいい話が出てきませんね。

またリストラですか。

政府は賃金アップを要請しているのに、企業はリストラ。

まぁ、残る人たちは給料が上がるかもしれないけどね。

企業としては、結果的に人件費削減になる。

なんかねぇ。

消費税がアップするから売り上げが下がるなんて言うのは、体のいい言い訳でしかないよね。

先を見越して対応するのは基本だけど、万が一業績が上がったところで再雇用してくれるわけでもない。

あたりまえだけど、それってどうなんでしょうね。

http://list-moderators.com/