駆け込み加熱!

来月1日の消費税増税まであと1カ月となりましたね…。

県内では、自動車や家電など高額商品が好調な売れ行きを続けていますよね。スーパーには日用品のまとめ買いコーナーが登場しています。まとめ買いがお得!とか、大きなノボリが出ていたり…。

消費者の駆け込み需要は月末に向けて一段と加速する見込みです。各企業はおう盛な需要への対応に追われる一方、増税後の消費の落ち込みを心配する声も出ています。

 

夏以降に結婚を予定しているカップルの中には、結婚指輪や家具を早めに購入する動きが出ている。富山市の飲食店従業員の女性(31)は、ことし夏ごろから婚約者と暮らす予定だったが、「増税前の3月中に家具家電や車を買いそろえ、春から一緒に暮らすことにした」と話しています。

駆け込み需要が好調を続ける中、関係者は4月以降の反動減を懸念しています。それもそうですよね…。増税後は消費が冷え込むと思います。4月に来店者が減るのは目に見えていますよね…。いつかは慣れるんでしょうけれども、最初のうちはやっぱり高く映りますし、手が出しにくくなる人も多いんじゃないでしょうか。

もしも車を買い替えようかと考えている方がいらっしゃるようでしたら自動車 買取で検索して調べてみてはいかがでしょう。

美と健康の大敵

今雑誌やネットなどで話題になっている酵素。私たちの体の中にもとからある栄養素ですね。

この酵素が不足すると体が弱り、病気の引き金となるため、酵素不足は万病の元とも言われています。健康と若さを保つために、体内酵素の浪費を避け、足りない分は食物酵素でうまく補っていく、というスタイルが好ましいそうです。

 

酵素不足が疑われる症状は、「体型が戻りにくくなる」だそうです。昔は食べても太らないから全然大丈夫!なんて思って食べていたけど、最近少しずつ増えて…しかもすぐに戻らない…!これは体の酵素が減っているサインですね。

 

酵素の働きには、大きく「消化」と「代謝」があります。これらがそれぞれ、「消化酵素」「代謝酵素」となります。

「消化酵素」は、口に入れた食べ物を消化・吸収します。

「代謝酵素」は、消化後、腸壁で吸収された栄養をエネルギーに変化させます。

この2つで私たちは生きているわけですね。

 

体に元からある酵素は自然に増えたりしないそうなので、食べ物から摂取しましょう。

手軽に美味しくとれる酵素のレシピといえば、新鮮な果物や野菜をミキサーにかけて作るフレッシュジュース。作りたてをすぐ飲めば、食物酵素もビタミンやミネラルも豊富にとれるんです。今は市販の酵素飲料などもあります。

 

体型の維持だけでなく、お肌の調子が良くなったり、便秘が解消されたりもするんだとか。更に、一番話題になっているダイエット効果だけでなく、太りにくい体質にも変えてくれるそうですよ!

もしも酵素に興味のある方がいらっしゃるようでしたら酵素ダイエット 口コミで調べてみてはいかがでしょう。

睡眠制限法

睡眠についての誤った考え方や行動パターンを改善することで眠りを改善しようという治療法がある様です。「認知行動療法」と言います。その中でも、「睡眠日誌」をつけて、「睡眠制限法」を行う方法が、比較的高い効果を上げているらしいです。

それでもなかなか改善されない場合はどうするのが良いでしょうか。

睡眠薬に頼りたくないですよね。睡眠の為に良い成分の入ったドリンクや、サプリメントの方が無難かもしれません。

移動薬局

薬剤師会は、災害時に電気や水道が使えなくなっても車内で医薬品を調剤できる災害対応医薬品供給車両「モバイルファーマシー」を導入し、そのモバイルファーマシーを公開しました。

医薬品供給車両は東日本大震災の際多くの薬局が津波で流されるなどしたために薬の調達が難しい地域があったことから、宮城県が全国で初めて導入しました。今年1月には大分県も導入に踏み切るそうで、これからどんどん増えていくのではないでしょうか。

 

キャンピングカーを改造した車内には、約500品目の薬品が並ぶ錠剤棚や分包機、給排水設備のほか、トイレやシャワーなど生活設備も完備されています。自家発電機やソーラーパネルも搭載し、災害時に必要な電力も確保。購入・整備費は約1300万円で、600万円を県が負担したそうです。

 

このような設備が出来るのはとてもいいことだと思いますよ!大災害時に薬局や病院が流されてしまっていたら大変ですしね。まだ手のひらで数えられる程度の数だそうなので、もっと増えていくべきだと思います。

平常時は県や府で管理され、災害時に薬剤師を乗せて移動するそうです。県外からでも対応していきたいとのこと。

 

聞こえは悪いですが、大震災のような大きな事故がなかったら、このような便利な災害用の車なんて生まれなかったんでしょうね。防災意識は常に持っていなければ…。

もしも薬剤師の方で転職や復職を考えている方。いらっしゃるようでしたら、薬剤師 転職 口コミで検索して探してみてはいかがでしょうか?

中国でH7N9型鳥インフル感染が拡大

中国国内で「H7N9型」鳥インフルエンザウイルスの感染者が新たに6人確認され、うち1人が死亡したと発表されました。

WHOによると、生存している5人の感染者のうち3人の症状は重く、病院で治療を受けているそうです。

H7N9型の鳥インフルは昨年に中国で流行し、これまでに約150人が感染。

台湾と香港を含めると、少なくとも46人が死亡しているとのことです。

 

恐ろしいことですね。

この数はもうパンデミックに近づきつつあるのではないでしょうか?患者数も約、や少なくとも、となるとまだ正式な人数まで分かっていないということでしょうか。

大気汚染の件もあるので、早急に調べてほしいですね。

 

 

抗がん剤治療を解説、日本医科大病院で公開講座開催へ

がん医療について学ぶ市民公開講座が12月14日、川崎市中原区の日本医科大学武蔵小杉病院で初めて開かれる。初回のテーマは抗がん剤治療について。専門医の講演や患者も参加するシンポジウムを通じて、病気とうまく付き合っていく方法などを考える。

 

以前に比べると、かなり医療も進歩し生存率も高くなった病「がん」。

あくまでも依然と比較するとということであって、今でも難しい病なのには間違いない。

また、以前より「がん」についての知識が一般にも浸透しているとは思うが、それでもまだまだなのだろう。

がん医療について市民向け公開講座が全国で開かれている。

専門医や患者も参加するとのことで、より具体的な内容が聞けるのではないだろうか。

がん医療を専門に学びたいと考え、このような催しに参加してみたいと考えている看護師の方、専門分野を学ぶのに適した医療施設を探すのなら看護師 求人 好条件を参考に医療施設探しをされてはいかがでしょうか。

体の状態知り糖尿病予防

世界糖尿病デーに合わせ、愛媛県糖尿病協会などが、松山市大街道2丁目の大街道商店街で血糖値測定や健康相談を行い、買い物客らに糖尿病予防を啓発した。
会場では、糖尿病の危険度を調べるため体重や体脂肪、血圧を測定し、看護師や栄養士がバランスの良い食事などを指導。理学療法士らは、糖尿病で多い水虫の有無や合併症の危険を見極めるため、足の指の感覚などをチェックしていた。
血糖値の測定を受けた参加者には糖尿病予防のシンボルカラー「ブルー」のタオルをプレゼント。タオルを使った予防体操の体験もあり、松山市の男性(77)は「血流は大丈夫。筋力が少し弱いと言われた。気を付けたい」と話していた。

 

世界糖尿病デーなんてあるんですね。

飢餓に苦しんでいる国も意外に少なくない世の中で、ぜいたくな話ですよね。

ただ、こんな日が制定されるということは、よっぽど糖尿病の患者が多いということなんでしょうね。

日本でも色々なところで催しがあったようですしね。

知っているようで知らない。

だからこそこういった啓発が必要なんでしょうね。

このような取り組みに興味がある看護師の方、看護師 祝い金を利用してこのような取り組みに参加している医療施設を探してみてはいかがでしょうか。

“戴帽”の瞬間 高崎の看護学校 群馬

看護師を目指す学生が初の病院実習に臨む前に、職業意識や責任の重さを自覚させる戴帽(たいぼう)式が24日、高崎市問屋町の高崎市医師会看護専門学校(釜萢(かまやち)敏校長)で行われた。
今年4月に入学した准看護学科の1年生88人で、厳粛な雰囲気の中、一人一人にナースキャップが付けられた。代表して由利和樹子さんが「常に誠意を持って患者さまに接する」などと誓いの言葉を述べた。
この後、ナイチンゲール像から受け取ったキャンドルサービス。オレンジ色に染まった会場でナイチンゲール誓詞を朗読して式を終えた=写真。病院実習は年明けから始まる。

 

全国の看護学校で同じような式典が行われてますね。

写真を見ると厳かな雰囲気で式が行われていて、見ているこちらが緊張してしまいそうな雰囲気です。

ちょうどこの時期が、カリキュラムが学校での勉強から現場での実習になる時期なんでしょうね。

今回の学生は准看護学科ということですが、いわゆる正看護師と同じように実習するのかな?

ちなみに、この学生たちは准看護師から正看護師を目指すのかな?

徐々にキャリアアップしていくのもありなんでしょうね。

自分もキャリアアップしたいと考えている准看護師、正看護師の方は看護師 口コミを利用してキャリアアップにふさわしい医療施設を探してはいかがでしょうか。

医大病院看護師が結核発症 新生児患者ら840人 感染の恐れ 滋賀

滋賀医科大(大津市)は22日、付属病院に勤務する30代の女性看護師が結核を発症したと発表した。担当している新生児回復期治療室や小児科外来で接触した患者や家族、職員らに感染の恐れがあるとして約840人を対象に検診をおこなっている。
同大学によると、この看護師は6月下旬にせきが出始め、7、9月に他の病院で検査を受けた際は異常が見つからず、今月11日に結核と診断されて14日から入院治療を受けている。
検診は、8月~今月8日にこの看護師と接触した可能性のある患者や家族、職員らが対象。院内では担当医が説明に当たり、外来患者や退院者らには説明文を郵送した。これまでに検診を終えた約150人に異常はないという。
同病院の松末吉隆副病院長は「感染対策には万全を期していたが、患者や家族に心配をかけ申し訳ない」と謝罪した。

 

まさかと思うようなことだが、こういうことも起こるということ。

病院も看護師も悪気があったわけではない。

でも、責任は問われてしまう。

かわいそうな気もするが、やむを得ないことだ。

まぁ、昔は不治の病だったかもしれないが、今はきちんと治療さえすれば問題なく治る病気ではあるが、だから良い訳ではないし、しょうがない訳でもない。

病院という場所柄、一番怖いのが院内感染。

病原菌保有者が沢山いるんですから、患者に限らず看護師や医師が感染することもあるでしょ。

運が悪かったではすまないが、そう思って治療に専念するしかないのかな。

もし勤務する病院でトラブルを起こしてしまい、他の医療施設に転職を考えている看護師の方がいたら看護師求人高収入を参考に職探ししてはいかがでしょうか。

男性看護師を増やせば看護師不足は解消される

看護師労働問題とは、女性労働問題である。看護師の95%が女性だからだ。140万人の看護師のうちで、55万人が看護師の仕事をしていない。これを潜在看護職員と呼ぶ。

離職理由は、「妊娠出産」や「結婚」が上位であり、ライフイベントと勤務とを両立できないということだ。
看護師の年齢別就労率は、一般女性の就労率と大差ない。出産育児年齢になると落ち込んで、育児が終わると再就職する、いわゆるM字カーヴを描く。

急性期病院の看護師が忙しいのは事実だが、そういう施設では、医師はもっと長時間仕事をしている。しかし、医師の就労率は9割もある。看護師は7割だ。この差は、男女比率の差で説明できる。医師も、女性の場合は就労率が低く、年齢別でグラフを描くと、M字カーヴになる。

激務だから看護師を辞めるのではなくて、女性だから仕事を続けられないのだ。
妊娠出産は女性にしかできないし、女性に家事がおしつけられる現状はすぐには変えようがない。家事をアウトソースするには膨大な政策費用がかかる。よって、看護師不足を解消するには、男性が看護師になればいい。
看護師以下の賃金(500万円以下)で働いている男性が多いのだから、男性が看護師になれば、所得は増加する。
産婦人科では、男性看護師は若干問題があるが、他の診療科や職場では、男性看護師は喜ばれている。
しかし、看護学校は、男性受け入れには消極的だ。一部の看護学校では、男性が入学時に排除されている。女性教員が、若い女性を徒弟制度的に指導するのがやりやすいということはわかるが、男性を排除していたら、いつまでたっても、看護師不足は解消されないし、水準も高くならない。
男性の看護学校入学者を増やすための逆アファマティブアクションが必要ではないかと思う。

 

この話が事実だとしたら問題ですね。

看護学校が男性看護師の志望者を入学させない。

これまでの慣例的なことを考えると男性を入学させたくないというのもなんとなくわかる。

私も小さなころから、看護師といえば女性という認識がある。

「看護婦」という仕事で逆に女性じゃないとやってはいけないのかと思っていた。

そんなことはなかった。

なぜ、以前から男性看護師が少ないのかはよく知らないが、看護師が足りないご時世を考えると、慣例など取っ払うようにしなければ問題は解決しない。

ぜひ積極的に男性を受け入れ、看護師の人員確保を進めていただきたい。

そんな男性看護師の方、転職の際には祝い金がもらえる看護師転職サイトがあるそうですから、せっかくですから利用してはいかがでしょうか。

看護師 祝い金で検索し探してみて下さい。