抗がん剤治療を解説、日本医科大病院で公開講座開催へ

がん医療について学ぶ市民公開講座が12月14日、川崎市中原区の日本医科大学武蔵小杉病院で初めて開かれる。初回のテーマは抗がん剤治療について。専門医の講演や患者も参加するシンポジウムを通じて、病気とうまく付き合っていく方法などを考える。

 

以前に比べると、かなり医療も進歩し生存率も高くなった病「がん」。

あくまでも依然と比較するとということであって、今でも難しい病なのには間違いない。

また、以前より「がん」についての知識が一般にも浸透しているとは思うが、それでもまだまだなのだろう。

がん医療について市民向け公開講座が全国で開かれている。

専門医や患者も参加するとのことで、より具体的な内容が聞けるのではないだろうか。

がん医療を専門に学びたいと考え、このような催しに参加してみたいと考えている看護師の方、専門分野を学ぶのに適した医療施設を探すのなら看護師 求人 好条件を参考に医療施設探しをされてはいかがでしょうか。