安倍首相に政策転換迫る 原子力「即ゼロ」

小泉純一郎元首相は12日午後、日本記者クラブで会見し、原子力利用について「即ゼロがいい」と述べ、直ちに「原発ゼロ」を目指すべきだとの考えを表明した。小泉氏は、安倍内閣の支持率が高いことなどを理由に、「安倍晋三首相が決断すればできる。こんな恵まれた時期はない。ピンチをチャンスに変える権力を首相は持っている。分かってほしい」と首相に決断を促した。
脱原発に関して首相は「無責任」としており、原子力利用を進めていく立場を堅持している。しかし、首相の「政治の師」である小泉氏の発言で、エネルギー政策の転換を求める声が勢いづきそうだ。

 

小泉元首相の言うことはごもっともだと思います。

原発はないほうがいいに決まっている。

利権の絡む人だって、本当だったらないほうがいいと思っているんじゃないですかね。

でも、そんなに簡単なことでもないんでしょうからね。

私も原発は反対です。

ただ、代替エネルギーが確保できないとしたら、一概に反対ではないですけどね。

出来るだけ早く代替エネルギーを確保し、早く原発を無くしていただきたい。