チーズ職人世界一に日本在住のフランス人

フランス中部のトゥール地方で7日、「世界一のチーズ職人」を決めるコンテストが開かれた。
このコンテストで、日本在住のフランス人のファビアン・デグレさんが優勝した。
チーズを愛してやまない国、フランスの誇りを掛けて臨んだ「国際ベストチーズ職人コンテスト」で、最終選考に残った12人の中から見事、世界一と認められたデグレさん。デグレさんは、乳製品販売業を営む一家に生まれて、現在は日本で仕事をしているという。
このコンテストには、世界各国から名だたるチーズ職人が参加する。
チーズに関する知識、テイスティングからカッティング、プレゼンテーションなどの部門を専門家が審査した。
審査項目には、「チーズの芸術」をテーマに約1メートル四方のプレートにチーズを盛り付けるという、芸術性と創造性を問うものもあったとのこと。
日本在住のフランス人男性の受賞。なんだか日本人の私たちは嬉しくなってしまう。