漱石の自筆原稿が18枚発見される

長く所在不明だった夏目漱石の小説「道草」の自筆原稿18枚を神奈川県内の個人が所蔵していることが分かり、26日から横浜市の神奈川近代文学館で公開されるそうだ。漱石の小説の原稿がまとまって見つかるのは珍しいという。原稿のあちこちに書き込みや削除の跡が見られ、創作過程がうかがえるという。
「道草」は1915年6月3日から9月14日まで全102回にわたり朝日新聞に連載され、同年10月に出版された。養父との再会を機に、養父母と実家の双方から「物品」のようにやり取りされた過去を回想、今なおその人間関係に絡めとられる主人公の苦悩を描く。養子に出され、また実家に戻った漱石自身の複雑な生い立ちを映し出す自伝的作品で、主人公・健三は漱石の分身ともいわれる。
見つかった原稿は新聞連載「十六」「十七」の2回分だそうだ。養父が健三の家を訪ね、20余年ぶりに言葉を交わす場面だという。「漱石山房」のロゴのある原稿用紙に書かれて台紙に貼られ、折り本状に製本されていたとのこと。帙とふくさに覆われた上で、縦約28×横約22センチの桐箱に保管されていたそうだ。26日から始まる「100年目に出会う 夏目漱石」展を準備していた同館が昨年11月に確認、前後の原稿との比較や筆跡から漱石の自筆と判断したという。
文章を構成して完成するまでの過程が垣間見れるというのは面白そうだ。