人気俳優、福士蒼汰の語学力

数々の映画やドラマに出演し、若い女性を中心に人気を集める俳優の福士蒼汰さん。そんな彼のもう一つの才能、語学力が今、話題になっている。10月に行われた、ローマ国際映画祭に出席した、福士蒼汰さん。そこで、流暢な英語をイタリア語でコメントをして、海外のメディアから賞賛を受けたという。イタリア語に関しては、この日のために用意したコメントだったのか、冒頭のあいさつで披露した後、ホッとした様子を見せたが、その後英語に切り替わると、日頃から使い慣れているかのごとく、自らの言葉を英語で表現していた。見事なまでの流暢な英語を披露した、福士蒼汰さんだが、留学経験はなく、英語は独自の方法で習得したものだという。その勉強法というのは、通学の電車の中で、英単語を200語をざっと目を通し、帰りにブツブツと発音しながらおぼえていくというもの。それと普段から街を歩いているときに、英語が聞こえてくると、言って真似をするという。意外な方法で英語を習得した福士蒼汰さん。今後、彼が海外で活躍する姿が見れる日も近いかもしれない。

コンビニ業界

ローソンで5日から、Amason商品の購入が可能になる。

ローソンにある端末、ロッピーを使って商品を選び、注文をする。

オペレーターに直接電話をして、一緒に商品を選び注文をすることも可能なので、

お年寄りや操作が苦手な人、クレジットカードを持っていない学生にもとても便利だ。

この背景には、コンビニ業界の客の取り合いが見受けられる。

コンビニ業界はいかにして、お客様を獲得するかがカギを握っている。

業界一位のセブンイレブンもセブンプレミアム商品の店頭受け取りのサービスを開始する予定という。

お客様にとって、オンリーワンのコンビニになるようどの会社も知恵を絞っている。

直接的な集客に結び付く、ヒット商品の開発も重要となってくるという。