抗がん剤治療を解説、日本医科大病院で公開講座開催へ

がん医療について学ぶ市民公開講座が12月14日、川崎市中原区の日本医科大学武蔵小杉病院で初めて開かれる。初回のテーマは抗がん剤治療について。専門医の講演や患者も参加するシンポジウムを通じて、病気とうまく付き合っていく方法などを考える。

 

以前に比べると、かなり医療も進歩し生存率も高くなった病「がん」。

あくまでも依然と比較するとということであって、今でも難しい病なのには間違いない。

また、以前より「がん」についての知識が一般にも浸透しているとは思うが、それでもまだまだなのだろう。

がん医療について市民向け公開講座が全国で開かれている。

専門医や患者も参加するとのことで、より具体的な内容が聞けるのではないだろうか。

がん医療を専門に学びたいと考え、このような催しに参加してみたいと考えている看護師の方、専門分野を学ぶのに適した医療施設を探すのなら看護師 求人 好条件を参考に医療施設探しをされてはいかがでしょうか。

体の状態知り糖尿病予防

世界糖尿病デーに合わせ、愛媛県糖尿病協会などが、松山市大街道2丁目の大街道商店街で血糖値測定や健康相談を行い、買い物客らに糖尿病予防を啓発した。
会場では、糖尿病の危険度を調べるため体重や体脂肪、血圧を測定し、看護師や栄養士がバランスの良い食事などを指導。理学療法士らは、糖尿病で多い水虫の有無や合併症の危険を見極めるため、足の指の感覚などをチェックしていた。
血糖値の測定を受けた参加者には糖尿病予防のシンボルカラー「ブルー」のタオルをプレゼント。タオルを使った予防体操の体験もあり、松山市の男性(77)は「血流は大丈夫。筋力が少し弱いと言われた。気を付けたい」と話していた。

 

世界糖尿病デーなんてあるんですね。

飢餓に苦しんでいる国も意外に少なくない世の中で、ぜいたくな話ですよね。

ただ、こんな日が制定されるということは、よっぽど糖尿病の患者が多いということなんでしょうね。

日本でも色々なところで催しがあったようですしね。

知っているようで知らない。

だからこそこういった啓発が必要なんでしょうね。

このような取り組みに興味がある看護師の方、看護師 祝い金を利用してこのような取り組みに参加している医療施設を探してみてはいかがでしょうか。

ロナウドかイブラか? 熱戦必至のW杯欧州予選プレーオフがいよいよ

ワールドカップ・ブラジル大会の各大陸予選が大詰めを迎え、今日15日と19日には最激戦区である欧州予選のプレーオフが行われる。
中でも最も注目されるのがクリスティアーノ・ロナウドとズラタン・イブラヒモヴィッチの2大エース対決となるポルトガル対スウェーデン。ロナウドかイブラか、世界中のファンが固唾を飲んで見守る実力伯仲の好カードだ。

 

ヨーロッパのワールドカップ予選は、本当に過酷ですね。

そして、もったいない。

こんな好カードが、プレーオフで行われてしまう。

参加できる数が限られているから仕方のないことですが、こんな好カードは出来れば本番で観たい気もする。

アジアのレベルが上がってきているのは確かだが、それでもヨーロッパのレベルには程遠い所がある。

ワールドカップの出場権を逃したか弱いのかと言うとそうではない。

アジアよりもレベルが高い可能性は十分だ。

でも、商業的なことなど考えるとヨーロッパと南米ばかりという訳にもいかないでしょうしね。

仕方のないことですね。

安倍首相に政策転換迫る 原子力「即ゼロ」

小泉純一郎元首相は12日午後、日本記者クラブで会見し、原子力利用について「即ゼロがいい」と述べ、直ちに「原発ゼロ」を目指すべきだとの考えを表明した。小泉氏は、安倍内閣の支持率が高いことなどを理由に、「安倍晋三首相が決断すればできる。こんな恵まれた時期はない。ピンチをチャンスに変える権力を首相は持っている。分かってほしい」と首相に決断を促した。
脱原発に関して首相は「無責任」としており、原子力利用を進めていく立場を堅持している。しかし、首相の「政治の師」である小泉氏の発言で、エネルギー政策の転換を求める声が勢いづきそうだ。

 

小泉元首相の言うことはごもっともだと思います。

原発はないほうがいいに決まっている。

利権の絡む人だって、本当だったらないほうがいいと思っているんじゃないですかね。

でも、そんなに簡単なことでもないんでしょうからね。

私も原発は反対です。

ただ、代替エネルギーが確保できないとしたら、一概に反対ではないですけどね。

出来るだけ早く代替エネルギーを確保し、早く原発を無くしていただきたい。